学費と生活費を稼ぎたい女子大生

昼間は大学生

若い女の子が風俗の求人に応じる理由としては、「学費を稼ぐ」というものが多いです。
いわゆる「苦学生」のような理由でしょうか。
いまどき苦学生なんているのか?と言われそうですが、かなり苦学生がいるのが現実です。
学費だけでなく、生活費も稼ぐ必要があり、昼間は学生として勉強をしているため、お金を稼ぐ時間がない。
そんな学生でも、大学での講義のない夜間はお金を稼ぐ時間として最適です。
比較的短期間で、学費も生活費も稼げるので、地方から上京してきた女の子が風俗の求人を見るのも珍しくはありません。

moral_00033

風俗の求人はぴったりだった

そんな女学生に「昼間の勉強に差し支えない?」と聞いてみると、意外と苦労はないというのです。
と言うのも、大学の講義は必須科目意外は自由選択、必須科目も複数の中から選べるので、「何限目にあるのか」で履修選択ができるようです。
それで、1限目の講義を可能な限りなくし、風俗が終わってからゆっくりと眠る時間を確保するというのです。
最初は生活のリズムが崩れるかと思ったようですが、風営法の「深夜0時以降は営業できない」というのが、逆に大学生の生活スタイルに合致しているようです。
それで、風俗の求人に目をつけたんだとか。

目的意識の高い子ほどしっかりもの

こういった子たちは、しっかりと「学業のため」という目的意識を持っているのでしっかりとメリハリを付けて働いてくれます。
というのも、あくまでも本業は学生という本分を忘れていないので、無理なく働きます。
なので体調管理もしっかりしていますし、決めたシフトはしっかりと守ってくれます。
学業に差し支えるとあれなので、ヘルプに入れるかどうかは微妙なのですが、無理の無い範囲内でヘルプにも応じてくれるのでやはり助かっています。
ただ、風俗の求人を見るにあたって少し勉強不足な感じは否めませんが、そういった子たちは面接で落とされることも多いです。
それで、ネットで勉強してから他のお店の求人に応じていることも多いです。