保険証しか持ってないのですが、オナクラ店で働けますか?

オナクラで働こうと思っている女の子は自分の年齢を証明するものが必要になります。
オナクラは低年齢化が進んでいて若い女の子でも気軽に手軽に働ける風俗店として人気があるので、お店側もしっかり年齢確認をすることが多くなっています。
ここでは年齢確認をするときにどのようなものを準備すれば良いかを解説していきます。

保険証で十分です

オナクラで働く場合自分の年齢を証明するのに保険証で十分です。
若い女の子は保険証を持っていないことも多いために、しっかり正しい方法で取得した保険証を提示することができれば自分を証明することができます。
ほとんどの女の子が国民健康保険の保険証を提示しています。
この保険証は市町村の役場に行けば即日発行してくれる保険証です。
多くの人が会社で働いていないと保険証をもらえないのではないか?と思っている人もいます。
しかし会社勤務していなくても保険証には社保と国保とあり、役場で支給してくれる誰でも使える国保の保険証であっても十分自分の年齢を証明することができるようになっていますので、保険証しか持っていない人は国保で構いませんので、必ず面接のときに提示をするようにしてください。

免許証でもOK

もし保険証以外に免許証も持っていればそれを提示しても年齢確認を行うことができますので、保険証でも免許証でも持っていれば問題なくお店側にも信用されやすいです。
免許証は持っているけど保険証は持っていないという人もいます。
結果的にはどちらでも構いませんので、自分が持っている証明できるものを面接のときに持っていき必ず年齢確認をしてもらいましょう。
年齢確認が出来ないと採用されない可能性もあります。

realistic_00021021

偽って採用されないように

最近では風俗でも未成年が働くようになってお店側が摘発されることも多くなり、そのような問題が多発しているためにお店側も厳しく年齢確認をするようになっていますので、どのお店であっても悪質なお店でない限り必ず年齢確認が行われます。
偽って採用されたとしても後からバレてしまう可能性がありますので、そうならないためにも必ず面接のときに免許証や保険証を提示して、自分は働いても問題ない年齢ですよ!ということをアピールしましょう。

このようにこれからオナクラで働こうと思っている女の子は自分の年齢を偽ることなく正しい年齢をしっかり証明する必要があります。
風俗で働いている女の子の中には自分の年齢が証明できるようなものを持っていない女の子もいて、そのような女の子は働けない可能性があるので注意してください。